岡崎・豊田・安城・西尾・幸田・蒲郡・碧南など
西三河エリアのリフォームはカナルリフォーム

MENU

スタッフブログ

トイレ
2021.11.23

一体型・分離型トイレの違い

こんにちは!

 

今回は、「一体型・分離型トイレの違い」についてご紹介いたします✨

 

一体型トイレ

一体型トイレは、便座と便器、貯水タンク、ウォシュレット等、全てのパーツが一体となったトイレです。

全てのパーツが一体化しているため、つなぎ目がなく、つるんとしたスタイリッシュな形のものが多いです。

 

メリットは?

・凹凸が少ないため、掃除がしやすい

・スタイリッシュなデザインで、スッキリ空間にできる

・手洗い器が深いボウル型で水ハネしにくい

デメリットは?

・部分的な修理、取替交換ができない

・希望する機能の組み合わせが難しい

 

 

分離型トイレ

分離型トイレは、便座や便器、貯水タンク、それぞれのパーツが組み合わさってできているトイレです。

「組み合わせ型トイレ」とも呼ばれます。

従来からあるトイレの形で、見慣れている方も多いと思います。

 

メリットは?

・部分的な取替が可能で修理費用を抑えられる

・希望する機能の組み合わせの幅が広い

 

デメリットは?

・凹凸や隙間が多く、掃除がしにくい

・従来のトイレというイメージにより、スタイリッシュ空間を作るのが難しい

 

一体型トイレと分離型トイレで、良い部分と足りない部分両方あります。

トイレを選ぶ際は、メリットもデメリットも考えながら、

必要とする機能に優先順位をつけていくと決めやすいです😁

 

ぜひご自宅に最適なトイレを選ぶ参考にしてみてください💛

 


 

instagramでも最新情報やリフォームお役立ち情報を掲載中です♪

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カナルリフォーム(@kanal_reform)がシェアした投稿

 

カナルリフォームのショールームにも展示品がございます。

★カナルリフォームのトイレプランはコチラ

お見積り無料ですので、お悩みやご相談等ございましたらお気軽にご来店ください!

来店予約も承っておりますので是非ご利用ください♪

Contact

フォームからのお問い合わせはこちら

お気軽相談